『『すみません』はいざというときに!』@飲食店で【日商420万円】売るために私が教えたこと

シェアする

150225

オペレーションファンのみなさん、店舗の売上応援団長シシドです♪おはよーございまっす!!今日は九州に出張なので羽田空港からアップしてま~す!!
日本人として「すみません」という言葉は口癖のようなものです。
「すみません、お待たせしました」や「すみません、こちらへどうぞ」など様々な語頭に付けて無意識に使ってしまっていることも…
また、声をかけるときも「すみません」なんて便利な言葉の代表ですね。

しかし、粗相したときも「すみません」。謝るときも「すみません」の場合が非常に多いのです。
相手からすると謝るときも喋り始めも同じだと謝まられていることが薄れて伝わりません。
「すみません」はいざというときに使うことが重要です。接客用語の語頭の「すみません」は口癖なので無くすべきですよ。。。

2月25日(水)は『人日の節句(旧暦)』『夕刊紙の日』『天神縁日』『箱根用水貫通の日』他です。

それではいってきまーす!ピカピカな1日にしてくださいね!!
今日も1日はりきって参りましょ~♪

売上上げるの大好き!シシドでした。

僕たちは知っているんです。どうしたら店舗経営をして経営者と社員が「豊か」になれるかを
【アスケン公式サイト】明日の店舗経営研究会 since2011
大きな投資をして行う店舗経営なら絶対に「豊か」になって頂きたい。店舗経営をしている人、店舗経営に関わっている人、将来店舗開業を考えている人。飲食店、歯科医院、旅館、獣医師、施術・治療院、スーパーマーケット、物販店舗、理容・美容室、中古車販売、自転車販売店、鮮魚店、和菓子店、その他。http://as.little-lion.com/

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築