『言葉を長くして丁寧に感じさせようとしている」』@飲食店で【日商420万円】売るために私が教えたこと

シェアする

150212

オペレーションファンのみなさん、おはよーございまっす♪

2月12日は『ペニシリンの日』『ボブスレーの日』『パンの日』『ブラジャーの日』他です。

言葉を長くして丁寧に感じさせようとしている。

先輩や教育係、上司として教える立場のみなさんが店舗で用いる基本の接客用語を新人に教えるのはたぶん10語に満たないと思います。それほど接客するために必要な言葉は限られていて、再来店を促すためには十分です。

お客様1人1人に世間話をして人間関係を図っていたら「待っているのだから早くしてくれよ」と思われているのは間違いなさそうです。笑 この行為も再来店を促すために行っているはずなのですが、多く売るためには反作用の方が強く現れます。

究極の考え方をするとお客様1人に対して短い時間で再来店を促せる方が多く売れる人となるわけです。よく知らない相手(お客様)に対して印象を良く見せようと思うと台詞が長くなる傾向にあるようです。

「~よろしかたでしょうか?」のように変な日本語が生まれたりします。無理やり台詞を長くした典型です。最も短い台詞を選ぶと「~ですね?」が最適です。短い台詞でも十分に抑揚を表現して再来店を促すことができます。やってみてください!

余談ですが、必殺技の名前も強そうに見えるように長くすると効果がありそうですが、破壊力は変りません。悪しからず。。。汗

売上上げるの大好き!店舗の売上応援団長シシドでした!

今日も1日はりきって参りましょ~♪

アスケンでは会員のみなさんが店舗経営のキモを学んでいます!

明日の店舗経営研究会→ http://as.little-lion.com/

僕たちは知っているんです。どうしたら店舗経営をして経営者と社員が「豊か」になれるかを
【アスケン公式サイト】明日の店舗経営研究会 since2011
大きな投資をして行う店舗経営なら絶対に「豊か」になって頂きたい。店舗経営をしている人、店舗経営に関わっている人、将来店舗開業を考えている人。飲食店、歯科医院、旅館、獣医師、施術・治療院、スーパーマーケット、物販店舗、理容・美容室、中古車販売、自転車販売店、鮮魚店、和菓子店、その他。http://as.little-lion.com/

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築