『リトルライオン恐るべし!』@飲食店で【日商420万円】売るために私が教えたこと

シェアする

150413
オペレーションファンのみなさーん!店舗の売上応援団長シシドです♪おはよーございまっす!!桜も終わってしまいそうですね。今年はお花見も寒かったり、雨に降られたりと残念だった方も多かったのではないでしょうか?異常気象なんでしょうか???文明が進みすぎて地球にガタが来ているのかもしれません。。。身近な地球に優しいことをしましょうね!シシドはごみの分別などを心がけるようになりましたよ♪


 

今月に入って店舗診断の依頼が増えています。先週は本当に丸々出ずっぱり状態になってしまい、夜な夜な事務所でパソコンに向かっていました。

シシドの所属する会社 リトルライオンではオペレーショントレーニングの依頼があると、先ずは店舗診断を受けてもらいます。

それは、なぜかと言うと飲食店のほとんどがオペレーションと連動してつくられていないからなのです。

メニューはメニューで売れそうな料理を並べます。

店舗レイアウトはである客席は単純に予算が許す限りおしゃれにしています。また厨房は調理機器を並べてあるだけです。

必要売上高や目標売上高に対しての業態(客単価)別のメニューの数であったり、調理時間であったりと1時間当たりどのくらい提供が可能なのか?その数字を出すために何人の人数が必要なのか?

それはオペレーションと連動してつくられた店舗でないと数値化できないはずです。現在、利益ベースに乗っている店舗でも一旦客数が減ると“能動的”に客数を増やすことはできないはずなのです。

先月伺った店舗はまさにそのお店でした。

昨年の売上から約半分の売上になり、何をやっても数字が戻らないのでオペレーショントレーニングをお願いしたい。という依頼だったのです。

まずは店舗診断です。お洒落な内装でメニューはいかにも人気のありそうなメニューが並んでいました。

オペレーショントレーニングを始める前にいくつかの改善点とアドバイスを行いました。

約2週間後「改善したら数字が20%アップしました!」と連絡がありました。

今月に入り、オペレーショントレーニングを開始しましたが、お会いしたときの依頼者の言葉は「リトルライオン恐るべし!」だったのです。

多くの場合はオペレーションと連動させずに店舗づくりが成されていますので、客数が増えるほどお客様に迷惑を掛ける結果となるはずなのです。

要するに売ると客数が減る→売ると客数が減る→売ると客数が減るを繰り返す結果となり、店舗の持つ物理的販売力以内で現在の従業員の人的販売力に数字が落ち着いてしまうのです。

オペレーショントレーニングを始める前にはまず導入に必要な環境づくり必要です。

面倒くさそうですが、売る環境(物理的販売力)が出来てオペレーション導入とレベルアップ(人的販売力)ができれば店舗が“能動的に売る”ことが可能なのです。

売上上げるの大好き!シシドでした。

【無料】5日間メール講座『飲食店で日商420万円売るために私が教えたこと』

さあ、いよいよスタートです!

『飲食店で日商420万円売るために私が教えたこと』をメールマガジンで5日間かけてお送りします。今なら初回登録限定特典付き!!

限定特典付きのこの機会にぜひ登録してください!http://assp7.little-lion.com/optin


 

 

 

僕たちは知っているんです。どうしたら店舗経営をして経営者と社員が「豊か」になれるかを
【アスケン公式サイト】明日の店舗経営研究会 since2011
大きな投資をして行う店舗経営なら絶対に「豊か」になって頂きたい。店舗経営をしている人、店舗経営に関わっている人、将来店舗開業を考えている人。飲食店、歯科医院、旅館、獣医師、施術・治療院、スーパーマーケット、物販店舗、理容・美容室、中古車販売、自転車販売店、鮮魚店、和菓子店、その他。http://as.little-lion.com/

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築