本当にそうですか?「真心や愛を持って接すればきっと伝わります!」

シェアする

130903

アスケンでもこんな話しますよ!

飲食店で売るための秘訣は『真心や愛』が大事!とよく耳にします。いわゆる成功者と言われる人がいうのだから間違えありませんね。だから、店舗で働く従業員全員が『真心や愛』を持って働いていたら売れるという方程式が当てはまります。

さて、売上が思い通りに振るわない店舗で働く従業員のみなさんは『売上上がるな!』や『お客様が気持ち悪くなれ!』と思って働いているのでしょうか?他の仕事に比べたら割の悪い仕事に分類される飲食店で働く人たちです。それを分かって働いている人たちは普通に考えたらそんなことを考えるわけがありませんね。

「気が利かないな!」「もっと気を利かせろ!」と罵倒する経営者や店舗責任者が多くいます。店舗で働いている中では精一杯の愛と真心を持ってお客様に接しているはずです。それを『もっと』というのは不可能なことなのです。

私も店長に成りたてのころは「お客様に愛を持って接っしろ!」なんて従業員のにんなに叫んでましたけど、みんなから嫌われる一方でしたね(笑)。数字があまりにも出せないので一切そんなことを要求するのを止めました。すると売上がバンバン上がり始めたではありませんか!?

『愛がある』とか『真心がこもった』とか『気が利く』ということをその言葉自体は従業員は十分分かっているし、一生懸命やっている。しかし、私が思っている状態に店舗がなっていないと気が付きました。

『こうして』『○○でやって』『この順番でやって』と具体的に一挙手一投足教えていったのです。「いらっしゃいませ」を従業員全員がいいタイミングで発する。お客様は猛烈なウェルカム感を感じる。暇なときは崩れるし、忙しいとそっちのけで作業に没頭する。

できてないことを気が付かせて『表現』できるようになる。営業時間中どんな状況でもそれが『表現できる』ようになると勝手に数字は思ったとおりになっていました。店舗ではみな全力で働いています。具体的な作業に落とし込んで教えることが重要ですね。伝わって初めて意味があるんですよ。

アスケンでもこんな話しますよ!
コチラを覗いてみてください。毎月第3日曜日と第3火曜日に都内で講座を開催しています。
無料見学会開催していますので利用してください。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築