『売っている』『売れちゃってる』この差が分かることが未来に繋がる

シェアする

今現在の自店の売上はどうしてあるのでしょうか?もし『売れちゃってる』のであれば競合店が出現するなどの周りの環境の変化に対応できないはずなのです。でもこんなことは往々にしてありますね。外的要因で「売れない・・・」と嘆いても何の解決にもなりません。

131003

アスケンでもこんな話しますよ!

「景気悪いしなぁ」「周りも売れてないし」「最近天気悪いしな」なんて言葉が漏れてしまいがちですね。こんな方が私の周りにもけっこう多く存在します。汗 お店の外に売れない理由を求めた瞬間やることがなくなるのです。

やることがなくなったお店がやることはただ1つ。商品をいじることしかありません。

「もっと美味しい勝因を」と商品のグレードアップ(価格のダウン)と売れる商品の開発の旅に出発します。実は飲食店で『売れる商品』は存在しないので答えのない旅なのです。どんどん、どんどん商品数が増えてしまって「この店、何食べたらいいのだろう?」「この店どうやって使うの?」なんて顧客が感じているのを知っていますか?

「商品開発以外にやることがないな」と思ったあなた!

これが↑『売れちゃってる』お店なのです。

『核商品』があり『売り』が存在するお店では商品開発以外にはお店の使い方の提案とお店を利用すると得(価値)が生まれます。「安くないと売れない」と売るために価格を下げていくことなどの言葉はでません。

顧客に『お店の使い方の提案』がしっかり出来ていて『この商品を食べてください』と伝えられている状態です。これらを経営意匠(売り方、儲け方の設計図)といって促進していくと数字は好転します。

経営意匠が上手く組まれているお店では売るためにやることが存在するので永遠に『やること』がなくならず従業員に教えることもなくならないのです。お店の販売力の限界まで半永久的に能動的に数字をのばすことが可能です。

これが↑『売っている』お店です。

経営意匠をしっかり組み立てることが大事なのはお分かりになりましたね!

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築