オペレーショントレーニングの進め方!いかに短い時間で教育できるかがキモです。そのための優秀なトレーナーづくりが重要なのです。

シェアする

140121
強い店舗をつくるには人的販売力の向上は欠かせません。店舗で働く従業員1人1人が強ければいいのは単純にわかります。そのためには優秀なトレーナーが必要なのです。優秀とは教育時間が短いが物凄く重要です。


アスケンでもこんな話しますよ!

こんばんは、今日は1月度『火曜アスケン』でした。全国から大勢の人が集まり盛り上がりました。

LLSPECを用いたオペレーショントレーニングは進行状況をフェーズ分けして進めます。第1フェーズでは基礎フォーメーションの構築をメインに行います。大きく捉えると『客数を増やせる体制をつくる』ことです。

獲得目的はオペレーションレベルの向上、いわゆる人的販売力アップを完了した段階です。判断基準のすり合せとオペレーションの組み換えを行い、顧客ストレス排除を主眼に置いての約20~30時間で第1フェーズと考えています。

この時点での数字好転していればモティベーションも高く保てたまま応対やオペレーション、フォーメーションを追求できます。サポート先からの依頼があれば一定期間を置いて第2フェーズへのステップアップです。期間を置いて行うのは現状の課題に対してスキルアップを行って頂く時間が必要だからです。

第2フェーズでは初期段階のトレーナー育成を行います。店舗内にトレーナーをつくっていく段階です。これにはある程度形がないと成しえませんし、マネジ、マネジメント能力が必要です。

仕事の成長の段階には必ずオペレーション→マネジ→マネジメント→アドミニストレーションの段階を踏まなければなりません。役職だけのリーダーシップ(権威のこと)では「ヒト」「モノ」が上手く動かないからです。それだけ飲食店で多く売るためには人的能力が必要となります。

店舗で働く方ならば役職に関係なく「仕事が出来る順に偉い」となることを肌で感じていると思います。以前の記事にも書きましたが、私のように招かれてトレーニングをしても認められるまでアウェー感たっぷりの期間があったりします(汗)

このリーダーシップを得るためには「教えて成長させることができる」「数字を好転させられることができる」が必要です。優秀なトレーナー(店長などが兼務している場合が多いです)がいる店舗は数字を好転させやすい状況にあります。飲食店におけるヒトの力は物凄いパワーがあります。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築