飲食店を利用するお客様は何をして欲しいと思いますか?意外とシンプルな想いです。全てのお客様にやり続けるのがミソです。

シェアする

141108
飲食店では『お客様のして欲しいこと』を様々な憶測で実施している。その実施の全てが売上増や再来店に繋がるものではない。そんな中で唯一無二のものがある。さて、顧客は何を求めているのか?。。。


アスケンでもこんな話しますよ!

私がオペレーショントレーニングや接客応対研修を行うときには、オペレーションレベルや接客応対レベルの高い従業員と新人の差がお客さまから見て損した感がないことが重要だと思っています。

たまたま新人従業員が担当するテーブルで「今日はヤラれちまった!」的な思いをして時にはイライラしたり、時には訪店頻度が鈍り、損したと思いながらお店をあとにした経験はありませんか?

ベテランや新人にの差に限らず、従業員によってサービスレベルの差を顧客は敏感に感じ取っています。それだけ飲食店では新人は新人と分かるくらいに技術の差は歴然なのです。

ここから分かることは、だから技術がつくまで顧客ストレスを発生し続けるか?ということです。私は初日から新人でも、技術レベルが低い人でもその瞬間から顧客に再来店を促すことができることを考えて教育します。

では何をしたらよいでしょう?ほぼ全ての顧客は『自身のために一生懸命やってほしい』のです。知識が少ないとか丁寧でないとかは後の話で手を抜いて扱われたくないのが心情なのです。

店舗で働く全員が元気良く大きな声でハキハキと接することでお客様のストレスは驚くほど軽減されます。動きが軽やかになります。新人の不安さが見えなくなりますし、文句を言われづらくなります。

大きな声を出すことは初日から出来ますし、やる気があれば優劣はつき難いものです。最初から完璧に作業したり接客するにはやはり難しいです。ご当地キャラの中で一番一生懸命に見えるふなっしーがダントツ人気なのも頷ける気がしますね。

“食い物の恨みは恐ろしい”ではありませんが、空間を利用する店舗に対しての要求は日本の飲食店は恐ろしく高いです。300円のハンバーガーを買うのに海外ではされないはずです。

ただし、この考えで店舗で実施できたらお店の高感度はアップし、再来店の確立はグッと上がるはずです。こんな考えで多くの飲食店の数字を伸ばしてきました。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

 

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ。


 

現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

 

 

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築