売価を下げたら売上が上がった!やったー!一概に喜んではいられない

シェアする

131124-02
普通、商売を考えるときは売上高が高くなる=利益が上がるが定石のはずです。飲食店経営者の方でよく勉強されている方はこのようにシンプルに考えます。もちろん融資の面などから考えると売上高が高いことは絶対に有利なのです。しかし、それゆえに陥ってしまう人も多いのです・・・


アスケンでもこんな話しますよ!

こんばんは!本日もピカピカの日差しでしたね!みなさん週末はいかがお過ごしですか?

前回、オペレーションの難易度のお話をしました。最近はマスコミなどの煽りを受けて飲食店でも「安く売る」…に踊らされてしまう方も少なくないようです。夕方の飲食店特集でキャスターが「やっぱりランチはワンコインじゃなきゃね!」なんて責任のない発言はどうしたものでしょう・・・と思う今日この頃です。

こんなことが原因かどうか分かりませんが『売価を下げないと売れない』と強く思う飲食店経営者はたくさんいます。ただし、儲けが順当に出せるかどうかは別のところにあります。大手チェーンが安く売れるのは食材原価がそれ相応に安いからなのです。だから、同じような売価では絶対に儲からないといっても過言ではありません。

売価を下げても同じか、それ以上の利益を得るためには原価を下げるか数を多く売らなければなりませんね。ほとんどの場合は原価は同じはずですから1個あたりの利益は下がります。ですから、数を多く売る=客数を増やす必要があります。

単純にここまでだったら利益も増えます。これが他業種の考え方です。しかし、飲食店は多く売るためには多くの人間が必要になります。これが飲食店の特徴なのです。客数が増えて、多く売るためには人件費が増えるのが必然なのです。

「低価格戦争」なんて簡単に言葉を並べる方もいらっしゃいますが、安く売ってきちんと儲けるためには技術が必要なのです。たとえ売価を下げて大勢の人がお店に押し寄せてもそれに対応する売り切る技術が必要です。

ちなみに売価を単純に2分の1にした場合、2倍の販売数では通常同じ利益は出せませんよ。

売上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築