『店舗の中で繰り広げられる試合は何点vs何点?』@飲食店で【日商420万円】売るために私が教えたこと

シェアする

150609
オペレーションファンのみなさーん!店舗の売上応援団長シシドです♪こんにちは~!!本日のシシド’sコレクションは『マットビハイクルon帰ってきたウルトラマン(ベース車.:マツダコスモスポーツ)』をチョイスしました。私事ですが、雨の日は身体が重ーいシシドなのでした~。。。


 

いつもとちょっと変わった視点でお伝えします。シシドが店舗で働いていたときにいつも考えていたことです。

「今日は お店○点 vs お客様□点 だから負け(勝ち)です。。。」

こんなことを思って次の日の作戦を立てていました。

分かりやすくお伝えすると店舗で働く従業員 対 店舗を利用する顧客の試合です。例えば、その日来店した100人の顧客のうち3人に再来店を促せなければ3点?の負けのようなものだと思います。逆を考えると100人のうちの1人の顧客を時間を掛けて再来店を促して1点勝ったと脳で考えている人は少なくないと思います。

しかし、この場合は99点負けたかもしれないことに目をつぶって試合に負けたことに気が付いていないのと思います。した店舗で売上を上げようと思うならば客数(組数)を増やすことが確実なことです。

このように『勝ち』に着目して「あのお客様に対しては良く出来た」を積み重ねるのは時間が掛かります。とくに客数を必要とする業態では強く頭の中の転換が重要な客数増への行動へと置き換わるはずです。

それよりも『今日のお客様は全員やらかさなかったのでまた来ます」の頭にして捨てる顧客を無くしていく考えにします。この考えは行き当たりばったりの行動を無くします。さらに「こうでなければならない(マースト)」の優先順位を確立し、誰でも出来るようになり、教育できるようになります。

突然たくさんお客様が来店しても「やらかさない」考えがお店で働く従業員全員があるので「間に合えばいい=後手」の考えもなくなり、よって「負けなくなる」のです。負けなくなるためには必ず先手を打ってなければなりません。

次の日のために立てる作戦は簡単です。後手になって負けてしまったことを物理的に消していくことだけなのです。これだけで客数は増えてくるはずです。

LLSPEC-ツール

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!

飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 14,800円(期間限定特別価格)

売上上げるの大好き!シシドでした。

【無料】5日間メール講座『飲食店で日商420万円売るために私が教えたこと』

さあ、いよいよスタートです!

『飲食店で日商420万円売るために私が教えたこと』をメールマガジンで5日間かけてお送りします。今なら初回登録限定特典付き!!

限定特典付きのこの機会にぜひ登録してください!http://assp7.little-lion.com/optin


 

 

 

僕たちは知っているんです。どうしたら店舗経営をして経営者と社員が「豊か」になれるかを
【アスケン公式サイト】明日の店舗経営研究会 since2011
大きな投資をして行う店舗経営なら絶対に「豊か」になって頂きたい。店舗経営をしている人、店舗経営に関わっている人、将来店舗開業を考えている人。飲食店、歯科医院、旅館、獣医師、施術・治療院、スーパーマーケット、物販店舗、理容・美容室、中古車販売、自転車販売店、鮮魚店、和菓子店、その他。http://as.little-lion.com/

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築