人間?自動販売機?どちらが優れているのか考えてみた。教育しよう!

シェアする

130902

アスケンでもこんな話しますよ!

最近はタッチパネル式のオーダーシステムのお店が多くなってきました。日本は人件費が高いので飲食業界全体が人件費削減の煽りをうけてますね。システム自体も安価になってきているので導入し易いことも拍車が掛かっていますね。もう一度言います!人件費削減です。

私の持論は単なる経費削減は末期症状であり。大手チェーンでもその傾向が強い企業と別の意味でのシステム導入の意味合いが強い企業があります。個人店や数店舗規模の経営を行っているのであればこのシステム導入はお勧めしません。

何故なら従業員がお客様と接する『接客頻度』が減ってしまうからです。従業員がお客様と接することで能動的に再来店を促せることは今までも触れてきました。セルフサービスのカフェは接客頻度が注文時の1回です。フルサービスの居酒屋は誘客と何度も注文を聞いて提供し、会計するので接客頻度が多くあります。

能動的に再来店を促すことができれば接客頻度が多いに越したことはありません。ただし、負の方向に働くことも多いに考えられますね。後者は教育能力の低さや、従業員の持っている能力に委ねることを考えるから起こることです。お客様と接することで『ストレスが発生する(顧客・従業員ともに)』という考えで、料理を運ぶのは機械化が遅れているのでまだ人間がやっているってことですかね(笑)。

130901-2-02

それならばいっそ店内に自動販売機を置いてフルオートメーションってのを想像してみてください!24時間休みなく働いてくれるし、教育は全くいりません。売れますか?私は人間がいるお店の方が売る自身があります。それは従業員に何を教えたらいいか知っているからです。もし、従業員全員が最低限の『再来店の促し』の技術を持ってお客様に接することができるなら、前者になることは容易に答えは出るはずです。

「人が介することで客数が減り、人が介することで客数が増える。」どちらもあります。今のうちに『教育できる人』店内(社内)にたくさんつくっておきましょう!この人達が店舗(会社)の収益を1番増やしてくれるはずです。

アスケンでもこんな話しますよ!
コチラを覗いてみてください。毎月第3日曜日と第3火曜日に都内で講座を開催しています。
無料見学会開催していますので利用してください。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築