お客様が喜んでくれればいい?趣味?営利目的?飲食店店主が陥りがち

シェアする

130917

一見華やかで簡単そうに見える飲食店経営です。「美味しい料理がつくれる」「人の世話をするのが好き」で飲食店を始めた人、やりたいと思っている人は少なくありません。何が難しいか?それは営利目的だからなのです。

アスケンでもこんな話しますよ!

趣味や世話好きで知り合いに料理を振舞って喜ばれることの延長に飲食店経営があると勘違いする人は少なくありません。「開業してゆるーくやっていけば食ってはいけるだろう。」なんて考えて開業してしまった方にもたくさんお会いしました。『「おいしい!」って言われる』=『儲かる』と感じているのかもしれません。

基本的に飲食店経営は多くの顧客にお店を利用してもらって初めて利益が出ます。要するに儲かります。この儲けがないとお店を存続することが出来ないからです。知り合い数人に自身のペースで料理を振るう舞うのと違い、決まった時間に来店するわけでもないお客様の注文をその場でつくっていくのには形と技術が必要なのです。

体感的に忙しいので従業員を雇って対応することもあります。そうなると人件費が掛かって経費が増えます。そんなこんなで経費を網羅すると食材原価は想像していたよりも物凄く低く設定しなければならなくなったりします。よく夕方のニュース番組で「ウチは赤字覚悟でやってますからぁ!」なんてインタビューに答える店主さんの言葉を真に受けてしまう人もいて、騙されないでください 笑。

安くて美味しいものをたくさん食べてもらいたいと思うのは悪いことではありません・・・

しかし、『お客様の喜ぶ顔』=『儲かる』ではありません。もしかしたらお客様に得をさせすぎて自身が損をしているかもしれません。この現象は日本人に良くありがちです。「儲ける=悪」なんて考えたりします。「いつかはお客様も分かってくれて自身も日の目を見るはず」のような忍耐力で勝負したくなりますが、その前に自身が干上がっちゃいますよ。

営利目的でお店を運営しているはずです。堂々と儲けてください。売上や利益が大きいほどお客様に認められているはずです。自身が稼いでからもっと大きくお客様に還元しましょう。

アスケンでもこんな話しますよ!
コチラを覗いてみてください。毎月第3日曜日と第3火曜日に都内で講座を開催しています。
無料見学会開催していますので利用してください。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築