席数が少ない方が売れる?ウソみたいなそんな事を実現してしまった!

シェアする

131120-02
客単価×席数×回転数=売上高 ← この考えで売ろうとすると不具合が出ます。この計算式はあくまでも結果論で、よく間違われている考えです。利益まで考えると人件費を多く使う使わないも飲食店では死活問題なのです。だから、ちょっと考えて欲しいのです。


アスケンでもこんな話しますよ!

居酒屋店などで二毛作でランチを実施するお店があります。意外なことですが席数を減らすことで売上を上げられる効果が得られます。

オフィス街のランチなどはファストフード的に売ることを強いられます。しかし、レイアウト自体は居酒屋店のレイアウトですから調理→取り揃え→提供→バッシング→洗い物のサイクルが確立できずにキャパシティを超えてしまうことが往々にしてあります。

席数が多い=売るのに有利と考える方は多いと思いますが、製造能力+後処理能力=物理的販売力が席数とかみ合っていないと売上阻害要因になります。席数を多く取ろうとキッチンの製造能力を半減させてしまっているレイアウトも存在します。

この実施によって売上が2倍近くになった実績もあります。多くの店舗で実証済みです。ただし、単純に席数を減らしても売上はあがりません。悪しからず…気をつけてください。笑

ここで知っていただきたいのは店舗レイアウトは売るため、儲けるための基盤となるということです。キッチンの製造能力と人員配置とマッチしたレイアウトをつくると面白いほど売りやすくなるし、利益も出しやすくなります。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築