頻度よく来店してくれるお客様に目がいきがち!?だけれど、その他のお客様は何も言わずに居なくなっている!?

シェアする

140529

『美味しかった、また来るよ!』飲食店では究極の褒め言葉として捉えられているのではないでしょうか?言ってくれるお客様は一握り。言ってくれないお客様はどうなっているのでしょうか?その他のお客様の人数の方が多いぞ!?気がつけた人は勝てる可能性大です。


アスケンでもこんな話しますよ!

お店を気に入ってくれているお客様は自身にとっても気持ちいいものですね。「また来るよ!」と一言添えてお店を後にするお客様はひと際大事にしたい気持ちが強くなってそんなお客様ばかりに目が行きがちになる飲食店経営者、店舗責任者は少なくありません。

しかし、通常の飲食店では前述したお客様よりも『それ以外のお客様』の方が数が圧倒的に多いのです。当然、このことに目を向けられる人は数字好転させられる可能性が高いのです。逆に着目できない人は数字好転させられません。

二度と来店しないお客様や当分来店しないお客様は「もう来ないよ!」と優しく言ってくれたり、お店側が粗相をしてしまって憤慨したりしてお店を後にするお客様はほぼ皆無なのです。

そうです。お店を利用しなくなるお客様は『何も言わず』に来店しなくなります!

通常の飲食店は他業種に比べて商圏が狭いのでこの『二度と来店しないお客様』の存在は非常に危険なものなのです。逆のベクトルに動き出さないといつか商圏は潰れます。自店はそんなに酷くないと思っている方も少なくないと思います。

逆のベクトルに動き出すためには自店を気に入っているお客様よりも気に入っているかどうか分からないお客様を確実に再来店させることを実施することです。強烈な言い方をすれば、今日来店したお客様が明日来店すれば良いわけです。

多くの場合は来店客数の2割も声をかけて退店するお客様なら安心してしまいます。あとの8割は努力をしないとは言いませんが運任せくらい不安定な扱いをしているわけなのです。

こんなことから運が良くなければ数字好転させられない飲食店経営者、店舗責任者は多く居るのです。もし、来店した8割以上のお客様を確実に再来店させられたら『店舗の販売力の限界』まで半永久的に数字は伸び続けるはずなのです。

この考えを持って店舗経営、店舗運営に臨むと必ずと言っていいほどオープン月の売り上げは超えて売るようになります。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築