売上ほしい!あなたのお店はその数字売るの可能なの?そもそも不可能なことに挑戦していませんか???

シェアする

141122
飲食店で自店の売上を上げたいと思うならばまず考えるべきは『自店が物理的にいくら売ることができるか?』だ。さらに、『従業員(自身を含む)に売るための力がどのくらいあるか?』を見ることが必要だ。当たり前だが、どんなにいいメニューだろうが、美味しい料理だろうがこれ以上は売れないのである。


 

アスケンでもこんな話しますよ!

あなたのお店はズバリいくら売れるのか?多くの人はそんなことを考えたこともないはずなのです。

飲食店という業種は業態別に『売れる時間帯』が決まっています。ファストフード業態は朝と昼にその時間があるし、ディナーレストランでは夕方にその時間があります。言い換えればその店の『人気のある時間帯』と言えます。

もっと突っ込んで言うと『売りやすい時間帯』なのです。さらに分かりやすくすると『これ以外の時間帯は売れない』ということなのです。

自店の営業時間中にオープン~クローズまで終始MAXで入客することはほぼありません。ピークタイムを頂点にして山ができます。このピーク以外は売りにくいのです。しかし、このピークタイムの数字を伸ばせないと現状の数字が好転させることは難しいのです。

これをLLSPECでは『販売力』と呼びます。飲食店は商品(料理や飲み物)を調理・提供して初めて売上となります。商品をつくれる(提供できる)だけしか売れない考えが重要なのです。販売力には店舗のレイアウトやハードウェア、メニュー構成によって商品が提供できる限界が自ずと決まります。これを『物理的販売力』と言います。さらに従業員が店舗でオペレーションすることによって提供できる限界が決まります。これを『人的販売力』と言います。

多くの飲食店は『物理的販売力』の限界までは売っていませんし、売れません。売るためにはかなりの『余力』が必要だからです。さらに、人(従業員)が物理的販売力の中で売る限界を決めます。

「顧客さえ来店すれば売れる!」と声高に叫ぶ多くの方々へやっていただきたいのは必要売上高に対する『物理的販売力』の組み立てです。さらに、必要売上高に見合った『人的販売力』を用意することです。売れているお店は運では売れません。専門家と一緒に構築するのが近道です。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

 

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ。


 

現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

 

 

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築