我流は限界が低い飲食店経営

シェアする

130713

多かれ少なかれ、多くの人が飲食店で働いた経験があるはずです。学生時代に飲食店でアルバイトをしていた等、それだけ携わりやすい業種なのです。

飲食店で働いていて『売上下がれー!』と思って働いている人はいないのです。少なくとも入店したての新人の頃はこんな思いは微塵もありません。

少し慣れてきたり、『自身のお陰でこの店が成り立っている』なんて勘違いが起こってくると勝手な思いが込み上げてきて『割が合わない』とか『このくらい売れば十分でしょう』なんて思っている方もいる事実はあります。(笑)

知っておいて損はないというか、当たり前のことですけれど・・・店長より売りたい人は現場(店舗)にはいませんし、地区長より売りたい店長はいません。部長より売りたい地区長も社長より売りたい部長もいないわけです。

まあ、部下が勝手に数字を上げてくれることはないってことです。当然ですね。でも、以外に少なくないのが『部下が数字を上げてくれる病』というか『・・・体質』というか『・・・それが当たり前』というかが存在します。

『数字はウソをつかない』というのが真髄ですね。前述した組織だと一線の数字は越えられないし、人が入れ替わった時点で数字が保てなくなるのを現実としてみてきました。

いわゆる『個人技』や『我流』というものです。多くの場合は小さくしかできません。たまに上手くはまって有名になる人はいますが、あくまでも実業としては小さくしかできた人をみたことがありません。売るという観点では『我流』は限界が低いのです。

飲食店って身近で、外からは華やかに見えます。しかし、『生産性が低い』や『顧客が1度にたくさん購入できない』などの特徴があるために『基本』を守らないと儲からないのです。昔はよかったのです。店舗数が少なかったから飲食店の選択肢がなく、不味かろうがサービス悪かろうがその店を利用するしかなかったからなんです。

そんな基本を説いているのが『LLSPEC』なのです。たぶん他にはないと思います。少なくとも、私は出会ったことがありません。飲食店経営は学問になってません。勉強しようがないのが現実です。

『LLSPEC』を知りたい方はリトルライオンホームページでチェックしていてください!

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築