飲食店売上構築ツール『オペレーションガイドライン』はいまや飲食店を数字好転させるバイブルになっています。

シェアする

150606
オペレーションファンのみなさーん!店舗の売上応援団長シシドです♪おはよーございまっす!!6月に入ってもうすぐ2015年も半分となり折り返し地点が見え始めました。その前に梅雨ですね。ジメジメの中でも元気に進みましょう!


 

自店の店舗の数字がなぜ今現在の数字になっているか知っていますか?これが分かれば『能動的』に数字をつくって行けるので飲食店経営は怖くないはずです。ある一握りの企業や店舗を除いては実は能動的に数字を作っているのではなく、顧客が来店したことを捌くことを行なっているいわゆる『受動的』に数字ができあがっているのです。

『能動的』と『受動的』と言葉で書くと分かりづらいかもしれませんが、要するに思い通りに店舗の数字が作れるようになるということなのです。これは先人達の成功事例と自社の2,000近い経験を元に検証したことなのでまず合っていると思います。

多くの方が飲食店が売れるための、飲食店を売るための要素が『美味しい商品』であったり、『良い接客』であったり、『格好いい店舗』であったり『安価』とする定説のように頭に刻まれています。しかし、現実は違います。

・飲食店は美味しい順に売れていない

・飲食店は接客が良い順に売れていない

・飲食店は店舗が格好いい順に売れていない

・飲食店は安い順に売れていない

早々にこのことに気が付けた人は『受動的』から抜け出せるチャンスを得た人の1人となります。顧客任せの飲食店経営をしようとする人はまだまだ大勢います。なぜかって?それは『楽』だからだと思います。

飲食店の商圏は凄く狭く半径約2km程度から利用者の8割が来店しています。だから1度利用させて、その同じ顧客に何度も何度も高頻度で通ってもらわないと成り立たないのです。

自身が抱えられる顧客の数で経営していくのはもの凄く不安定です。だからその数を増やすことが経営を安定することでもあるのです。もの凄く客数を増やすことに特化して説いたのがこの『飲食店売上構築ツール「オペレーションガイドライン」』なのです。

飲食店売上ツール『オペレーションガイドライン』

作業工程が多く生産性の低い飲食店では売るためのことが全てオペレーションと連動していないとたくさん売ることは難しいのです。さらに、来店した顧客をほぼ全員再来店させることを行なう考えはもっと難しいはずです。しかし、検証しました。1,700店舗にオペレーションを導入して数字好転しなかった店舗は現在3店舗です(2015年5月現在)。

何が店舗で起こるかは『能動的に客数を増やす体制ができる』なのです。多くの方が体感されています。読んだだけで数字が動き始める方もいて、お礼のメッセージもいただきます。

LLSPEC-ツール

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!

飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 14,800円(期間限定特別価格)

売上上げるの大好き!シシドでした。

【無料】5日間メール講座『飲食店で日商420万円売るために私が教えたこと』

さあ、いよいよスタートです!

『飲食店で日商420万円売るために私が教えたこと』をメールマガジンで5日間かけてお送りします。今なら初回登録限定特典付き!!

限定特典付きのこの機会にぜひ登録してください!http://assp7.little-lion.com/optin


 

 

 

僕たちは知っているんです。どうしたら店舗経営をして経営者と社員が「豊か」になれるかを
【アスケン公式サイト】明日の店舗経営研究会 since2011
大きな投資をして行う店舗経営なら絶対に「豊か」になって頂きたい。店舗経営をしている人、店舗経営に関わっている人、将来店舗開業を考えている人。飲食店、歯科医院、旅館、獣医師、施術・治療院、スーパーマーケット、物販店舗、理容・美容室、中古車販売、自転車販売店、鮮魚店、和菓子店、その他。http://as.little-lion.com/

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築