もし、今より自店の売上を上げたいと利益を増やしたい思うならば、どんな考えで何をやればいいのか?

シェアする

141117
飲食店の売上を上げようと毎日大勢の人が考え、様々な施策を実施している。しかし、その実施によって売上が上がるかは定かではない。上がらない場合がほとんどのはずである。なぜ、そう言い切れるかは飲食店の売上を上げるそもそもの考え方が全く違っているところにあるのだ。今の実施では数字は変わりようがないはず。。。


 

アスケンでもこんな話しますよ!

飲食店の売上を今よりも上げたいと多くの店舗に携わる人が望んでいます。月商で1割上げたいとか2割上げたいと考える人が大半なのだと思います。

この場合に行う施策の第1位は『“売れる”新商品開発』です。第2位は『値引き、セット、プラスおまけ、分量を増やす』です。第3位はありません。笑ほとんどの店舗で売上を上げる施策として実施されています。

新メニューを開発し続ければ顧客は飽きない。。。

万人が好きなメニューをつくってたらものすごいメニュー数になっちゃった。。。

分量を多くすると喜んでくれるんだよね。。。

デザートをサービスしたらお得感が出たんだよね。。。

などなど

この言葉は売上が全く変らないか減ることが分かりると思います。なぜならこの言葉は現在お店に来てくれているお客様に対して行っていることです。売上を上げるためには外から呼んでこないとならないのです。オファーを付けても値引きしても良いので集客します。

なーんだ!と思われ多と思いますが、ちょっと待ってください。その前にディフェンスを整えないと客数は減ってしまいます。多くの場合はここで躓いています。自店の販売力『物理的販売力』と『人的販売力』が足りないので現状よりも客数が増えたら販売力不足で顧客ストレスが発生して自店を嫌いになる人が増える確立が上がります。これが売上が上がらないか下がる要因なのです。

人間は1割増しとか2割増しの数字を飲食店で考えたときに行動はほぼほぼ変らず組み立てるはずです。上手く1.1倍の客数とか1.2倍の客数を狙って集客できる人は皆無です。だから集客が成功したら数字は一時的には良くなるかもしれませんが、すぐに元に戻るか元よりも悪くなるのです。いわゆるリバウンドです。

行動が変る組み立てをせざるを得ない数字は現状の2倍の客数とか3倍の客数を売るために組み立てることです。自ずと同じ時間で数を多く調理しなければならなくなるので調理時間が短くしなければならなくなります。お客様にも早く帰ってもらわなければなりませんから早く食べ終わることを考えます。

こんな実施を客数が増える前から行うから客数が増えるのです。LLSPECの売上を上げる『販売力』の考え方と実施です。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

 

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ。


 

現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

 

 

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築