意外と盲点だった!?後回しにしている作業が販売力を増大させる!!

シェアする

SONY DSC
店内作業を行う上で優先順位やたくさんの客数に対応するための考えは様々な角度から見て何通りもあるはず。しかし、『たくさん売れている』=『客数が多い』=『売上高が高い』が最も正しい方法として捉えるのが正しい考え方だと思います。さて、あなたならどう判断しますか?


アスケンでもこんな話しますよ!

おはようございます!ピカピカな天気の週末でした。私はアスケンでしたが、みなさんはお出かけしましたか?

オペレーションの中で如実に差が出るのはバッシングや片付け、立て直しです。これらは全て後回しになっていく作業です。

なぜ後回しになるかというと、ほとんどの飲食店では提供が終わりお客様が退店したところで仕事が終わってしまっているからなのです。バッシングも提供や注文取りと同じ重要度として捉えられないのです。

バッシングが早いお店は販売力が高い傾向にあります。今お店に居るお客様が帰った後に次のお客様がすぐ来るかもしれないと考えて動いているからです。

お客様が退転された後のバッシングを恐ろしく早くすることで販売力が上がります。従業員の意識が変わります。

意外と盲点ですが、着手してみてください。結構な効果があります。

自身のお店でお客様が帰られた後にダラダラバッシングをしていませんか?多分、物凄くゆっくりやってますから見る価値大有りです。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築