抱えて再来店を促せる客数が売るための優劣!部下の成長は誰がやる?

シェアする

140113
店舗での教育って『慣れ』によって行われている場合が多いのです。初期教育が終わるとその後の成長はその人次第・・・なんてこと思い当たりませんか?できれば教育する必要がない経験者が採用できれば楽できるのに・・・こんなこと考えるとお店はどうなってしまうのか???


アスケンでもこんな話しますよ!

新成人のみなさん、おめでとーございます!寒いでーす!

店舗で教育を進めるにはあまりにも「教育するぞー!」と構えてしまうと思うような進展が得られないと思います。

多くはO.J.Tだからです。とりあえずハンディ操作ができるようになってオーダーが伺えるようになったらプラスワンではなくなるお店がほとんどではないでしょうか?

そして毎日同じポジションでミスだけを指摘され慣れていくのだと思います。

全てのポジションができる方はそれほど多く存在しないはずです。これはお店全体が見えている人がいないということで、これでは弱い状態です。

時にはポジションチェンジしてみてください。大きく変わります。

オペレーションのできる、できないは抱えられる客数の差です。ポジションのエリアを小さくして経験させてあげるといいですよ。

経験しないとできるようになりません。「まだまだだな…」なんて言っている間にできるだけ多くのことを触らせるべきです。

そうすることで全体像が掴め判断も的確になってきますし、抱えられる客数も伸びます。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築