赤い車

シェアする

130315

ピンクのクラウンの登場は衝撃的だった…

ここ何年かはブラック、グレー、シルバーの車が目立っていたように思います。運転中に見る景色の中に車の『色』の存在は欠かせないもの。

洋服もそうです。最近は誰もが黒、黒、黒…

先日、取引先の社長に「最近は赤い車が目立ってきましたね!」と言うと「ピンクのクラウン!」と即答されました。それだけ奇抜で派手で、目立ってしまうCMに誰もが目を奪われているはずです。

ビートたけしさんとジャン・レノさんが出演するTOYOTAのテレビCMはご存知のことと思います。

さらには前田敦子さん扮するジャイ子が免許を取って最初に運転する車がコレ。この「免許を取ろうドラえもん実写化シリーズ」ではジャン・レノさんのドラえもんは笑ってしまえますね。

18歳で免許を取って隙間なく運転を続けています。もうすぐ30年になろうとしています。

そんな中でいつも感じているのは車の『色』です。

10代のころは白い車が多く、フェアレディ240ZGなどはイメージカラーが茶色だったので斬新でした。

20代の前半はバブル真っ盛り。まさに赤い車だらけでした。当時はファミリアの323など小型2BOXが若者に流行っていましたね。みんな赤か水色に乗ってたものです(笑)

その後マークⅡGRANDE TWINCAM24を筆頭にハイソカーが幅を利かせていました。みなスーパーホワイトのピカピカの白いボディのハードトップ車でブイブイいわせてました。

20代の後半ではガンメタリック(鉛色)の車が流行りましたね。バブルが弾けてから急速に車の色が落ち着いていきました。

少し前までは…今もそうですが黒が人気です。私のイメージは黒い車といったら3つしか思い浮かびません。ハイヤー、霊柩車、その道の人の車…あくまでも私の主観です。黒い車に乗っている人ごめんなさい。

無意識のうちに景色の中の『色』で気分のアップダウンが起こってしまっている自身に気がつくことがあります。

逆に、景気によって買う車の色を無意識に選んでしまっているのかもしれませんね。

私は赤い車が景色の中に増えてきたら『景気がいい』とそんな感じで日常の風景を眺めています。

最近は赤い車が増えてきたな…なんて思いますが、みなさんはどう感じますか?

出口、それは入り口。終わり、それは始まりですね。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築