求める成果ありますか?

シェアする

130819

アスケンでもこんな話しますよ!

売上を上げようと思うとき多くの人は「今より上げよう!」と考えてしまっているようです。特に飲食店ではこのように考える人が少なくありません。この方たちは具体的な目標数字を言葉に出来ないわけではありません。しかし、その目標数字にはなりませんし、それ以上になることも皆無なのです。

飲食業以外の仕事って計画立てて目標に向かって行動していくのって分かり易いんです。でも飲食業はやりづらいっていうか色々起こっているので他業種の人から見たら『何故???』って思ってしまうかもしれません。

その要因で1番大きいのは以前のこの記事に書きました『売上上げたい!総論賛成各論反対』です。現場は売るのが大変なので「売れ!」「数字良くしろ!」では動けないのです。飲食業の組織の中にいる人は大切なので知ってくださいね。

これに対比してモティベーションが高く、売りたい気持ちが大きいのにもかかわらず、売上好転できない店舗もあります。それの多くの原因は『売るぞ!』と意気込んでるもののやることは商品のクォリティーを上げることや接客を良くすることに力を入れようとするからです。今まで悪かったかというとどうでしょうか?実は変わっていないのです。

行動もどうでしょうか?実は全く変わっていないはずです。

売上を1.1倍とか1.2倍とかにすると考えている人は大勢います。しかし、飲食業ではこの考えは現場で具現化するのには不得意なのです。何故なら『現場での行動が変わらない』からです。行動が変わらなければ基本数字は変わりません。

売上を2倍にするとか3倍にする目標を立てるとあら不思議!?現状のレベルで2倍の客数が来店したら逆に売上落としちゃう・・・なんてことがあからさまに分かってきます。飲食店の売上が上がるのは顧客が来店するからではありません。

お出迎えして 誘客して 注文を聞いて 注文を厨房に伝えて 調理して 盛付けして 取り揃えして 提供して 会計して 下げ膳して 洗物をして お見送りして こんな工程を行って初めて売上となるのが飲食店です。

目標にしている数字を実は諦めてしまっていませんか?やることなくて困っていませんか?

求める成果がなければ成果は出ませんよ!

アスケンでもこんな話しますよ!

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築