店舗ではどんな人を評価するとお店の数字が良くなるのか?けっこう多くの人が逆行してしまう落とし穴がコレだ!

シェアする

140528

店舗では店長やエリアマネジャーが日々『運営』に追われています。運営に費やす仕事の割合は120%くらい?といっても過言ではありません。1人のマネジャーと大勢のアルバイトが普通です。生産性が低くなればなるほど厳しくなるのは当たり前!だから評価がズレないことが大事なんです。


アスケンでもこんな話しますよ!

店舗で数値責任を果たす人、いわゆるマネジャースペシャリスト(部下を持つ数値責任者)はほとんどの場合、運営責任を果たしています。

運営が出来なければ売上や利益の数値があるはずもありませんね。だから「スムーズな運営=数値責任を果たせる可能性が大」なんてことを思ってしまいます。これはこれで間違ってはいませんが…このことを行動に置き換えると店舗では『運営に協力的な人が評価される』ということがあからさまに起こります。

展開して考えると『偉い人=暇な人』となります。到底、主婦や学生はフリーターには勝てない世界が出来上がってしまいます。諦めが始まりモティベーションは下がっていきます。

数字が思わしくないほとんどの店舗ってこうなっているのです。挙句の果てにはシフトで逆にプレスされてしまってアルバイトの方に迎合してしまっている店舗責任者も目にします。まさに末期症状です。

これは評価することがズレてしまっているために起こります。評価しなければならない対象は『一緒に客数を増やせる人』のはずです。これに多くシフトに入れるor入れないは関係ないはずです。評価が正しくなってくると不思議と運営も楽になってきます。

店舗を運営するって大変です。数字を求めるってもっと大変です。しかし、必ずできます。進みましょう!

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築