飲食店でのヒット商品は少し考え方が違います。ここを間違うとドツボにはまる可能性が大きくなります。多くの方が考えるヒット商品は飲食店ではありえませんので気をつけてください!

シェアする

140204
連日、マスコミを騒がすヒット商品らしきモノやお店で情報は溢れかえっています。多くの飲食店経営者や飲食店に携わる人が考えてしまいそうです。一体、飲食店で言うヒット商品って何なのでしょうか?考えて欲しいです!


アスケンでもこんな話しますよ!

こんばんは!来週末には千葉で開催される自転車の大会に参加するのでかなり緊張しています。。。汗

最近は銀のあんの『クロワッサンたい焼』が何かと話題です。アンティ・アンズのプレッツェルも最近ですね。少し前になるとクリスピー・クリーム・ドーナツの大行列が記憶に蘇ります。あの大行列は社会現象と言っても過言ではありませんね。

いずれも美味しく個人的には大好きです(甘いものばかりですね(笑))。多くの方が飲食店のヒット商品ってこのようなものを思い浮かべるのではないでしょうか?

実はヒット商品を狙っている飲食店経営者はたくさんいます。別にその考え自体は間違った考えではありませんが、『ヒット商品』自体の捕らえ方が違うとドツボにはまってしまいますので気をつけて欲しいのです。

ですから、あえて“このようなもの”と表現しました。多くのヒット商品を狙う飲食店経営者の考えるいわゆるヒット商品はマスコミから脚光を浴び、開発したら楽して売れ続ける・・・的なものなのです。

そんなものはありませんので追わないでくださいね。(笑)

新規開業時には如実に現れます。「この商品は美味しいから売れる!」と多くの開業者は豪語します!美味しいのは当たり前のはずですよね!?テレビ的にウケるの間違いではないのでしょうか?

どんなに美味しいものでも買うのにストレスを感じたらたちまち売れなくなります。そのストレスとは『顧客ストレス』で特に提供時間です。また、つくるのが大変だと売りたくなくなるのが『従業員ストレス』です。

通常の飲食店は工場と販売店が一緒の場所にあり、注文を受けてから最終加工する特殊な業種です。提供(製造)できる数しか売上にならないのです。ですから商品とオペレーションを連動させた構築が不可欠なのです。

画像のカップヌードルは2011年に310億食を超えて売れています。マスコミで取りざたされるものではありませんが不動の地位を築いています。飲食業で一番数が売れているのは牛丼かハンバーガーですよ。

意外と地味ですね・・・しかし真面目~にオペレーションと連動して多く売ることを実現しています。変な意味でのヒット商品は追わないでください!!!

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築