飲食店の売上は店舗の販売力で決まっている

シェアする

130725-02

アスケンでもこんな話しますよ!

販売力という言葉を飲食店で聞いたことがあるでしょうか?昔の飲食店は『売れてきてしまったので』機器を増設し、敷地を拡張し、従業員を増やし・・・こんなことをやって上手く行ったお店だけが生き残ってきたのです。現在の飲食店事情ではこの考え方はムリですので追ってはいけません。

昔は料理が美味しいとか贅沢だったりとか看板娘が居たりとかの要素1つで十分商売が成り立っていたのです。それは選択肢が少なかったからです。昨今の飲食店事情はというと店舗数が増え、オーバーストア状態でそんなことだけでは売れなくなってきました。

昔は『どのくらい売る』ことでどのくらい儲けるというよりも『食っていく』ことの要素のが強かったのです。いわゆる飲食店は生業だったのです。商売として飲食店を行って笑いが止まらないほど儲かった時代もありましたが、時代が過ぎシビアになってきました。

「お客様さえ来店すれば売れる!」と考える飲食店経営者や店舗責任者は少なくありません。

集客が上手くて一定期間上手くいっている店舗があるのは事実です。しかし、飲食店を長く続けるならば確実なことを店舗でやれる環境をつくって、確実なことをやっていくしかないのです。「頑張ってるんだけれど思ったように売れないなぁ・・・」と考える方は少なくないはずです。

もしかしてあなたのお店はこんなことが起こっていませんか?

たとえば1日あたり20万円売りたいのに20万円分の料理が本当に調理して提供できるのか分からない。これって結構な人が陥りがちです。

飲食店は業態によってピークタイムが違います。営業時間中に顧客が均等に来店するわけではありません。ピークタイムに何品、許される時間内に提供できるかがそのお店の売れるMAXなのです。これを物理的販売力といいます。

これに人間が携わってその力量で売上や利益が変わってきます。これを人的販売力といいます。教育能力に長けている店舗は短い時間で人的販売力の高い人間を育てることができます。

人気メニューを開発して、この販売力を度外視して売上を下げてしまっている店舗はけっこう多く存在します。

あなたのお店は本当に設定した数字分売れるのですか?気合では売れませんし、どんなにお客様がお店に押しかけようが売れないのです。

アスケンでもこんな話しますよ!

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築