『わざと売らない』飲食店でコレに気付けばあなたも売れる人になる?

シェアする

130910

アスケンでもこんな話しますよ!

アスケン(明日の実務経営意匠研究会)で私の講座の時間があります。月2回都内中央区で開催してますので聞きに来てください。私は飲食店や飲食チェーンのオペレーション構築を専門分野としています。売上を上げるのはもちろん、利益を伸ばすこと、店舗の数字改善を前提とした改善・再構築を行っています。

私が携わった店舗や企業はほぼ全て数字が好転します。規模や業態によって優先順位は異なりますが、基本的な考え方は共通しています。これも規模・業態によりますが、現地に赴かなくても数字が好転する店舗もあります。

何を言わんとするかというと、ほとんどの経営者は商品が「良ければ売れる」と考えていること。また、その考えの下で直接お客様に接する店舗の従業員は自身の考えの中でしかやることがないことです。要するに何もやることがない、何もしないから売れないのです。

私が携わってなぜ数字が好転するか?それは店舗の従業員が数字好転する行動をするからなのです。売りたいなら売る動きをしなければなりません。売れないのは売らない動きをしているからです。『わざと売らなくしている』のを売る行動をすればいいだけです。できた店舗、企業の数字は売れます。

売る動きをするためには土台が必要です。その店はいくら売ることができるのか?ここを度外視して売りたいと叫ぶ経営者は大勢います。実際に100万円売りたいのに10万円しか売れない店舗なんてザラにあるのです。それは商品ラインナップ、ハードウェア、店舗レイアウト、オペレーション動線、調理工程などが大きく起因します。どんなに売れそうな商品を考え出し、発明しても売ることが不可能なのです。利益を考えるときも同じように不可能をまず外します。

その土台ができたら『人間が動く』です。店舗の人間が売る行動ができれば売れるのです。先日、『飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン』の再販を開始しました。読んだだけで数字好転させる人も数人いましたので興味のある方はご覧ください。月2回開催している会員制の研究会アスケン(明日の実務経営意匠研究会)でも講座を受け持たせてもらって専門的な話をしています。

アスケンでもこんな話しますよ!
コチラを覗いてみてください。毎月第3日曜日と第3火曜日に都内で講座を開催しています。
無料見学会開催していますので利用してください。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築