お店で働く目的が何なのかがあなたの明日を左右する。飲食店では大事

シェアする

131110
お店に携わっている方、あなたの働く目的は何ですか?飲食店って数字だけ考えてもダメです。逆にさぎょうをこなすだけでもダメなんです。なぜなら売るために多くの人間w使うからです。そんなことを分かって職務を遂行するのとしないのとでは1年後、5年後の自身の経験も会社の規模も大きく変わってきそうですね。


アスケンでもこんな話しますよ!

お店に直接携わる店長や地区長、この人たちをマネジメントする役職の営業部長や社長もいます。昨今の飲食店を含む店舗では半数以上がアルバイトの方です。多いところでは9割を超えます。

働いている人が同じ目的を共有できたらそれは強い組織になりますよね。強いお店は最前線で働いている従業員がドヤ顔で働いています。そうです!1人1人が会社の代表として「ウチはいいお店でしょう!」という立ち振る舞いをします。逆に騙され易いのが「俺って凄いでしょう!」です。

まあ、だいたい勢いのあるお店として見られるのは後者の方です。そんな勢いは長続きしないのです。だって目的が個人個人バラバラだからです。会社が小さいうちはこういうことが多発しています。要するに会社が舐められてて馬鹿にされているからです。アルバイトの方からすると「働いてやっている」「俺がいなかったら困るくせに」と強く足元を見ている状況です。

なぜこんなことを言うか?それは私が前職に新卒で入社する前に高校生から4年間アルバイトをして入社したから分かるのです。アルバイトを始めた当時お金が必要だったのでバリバリ働きました。会社からもそれなりに評価されていたと思います。しかし、これはただの私の都合です。当時の社員の人たちから「卒業したらウチに入社するでしょ!」と誘われますが、アルバイト時代に私の言葉で言うとこうです。

「俺様がこんなボロボロの会社に入るわけないじゃん!笑」

2年すると新卒の社員の人が入社してきて規模は私の入店当時の2倍になってます。新店のオープンを何回か手伝わせてもらい、私の時給もがんがん上がります。新人が入ったらシシドに教えさせる…みたいになってます。どんどん時は進みます。

どうして変わったのでしょう?ある日あるお店のオープンで社長と会って話す機会があり一言言われました。凄く熱く話してくれましたが、どんどんどんどん規模が大きくなってきます。アルバイトの私にもやらせてくれます。

アルバイトをアルバイトとして扱われていたら(言い方は難しいですが…)私のゼンショーへの入社は実現しなかったと思います。立場の壁がなく、多くの人を巻き込んでどんどん大きくなってくることに楽しみを覚えました。

アルバイトはこのくらいしかやらせられないだろう。やってくれないだろう。そんな考えが邪魔してるんではないかと思います。いつしか社員で働いているあなた自身が会社を馬鹿にしてしまっているなんて悲しいですよね。立場は何であれ仲間を大勢つくれたら楽しく仕事ができて自身にも力がついているはずですよ。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築