自店は「もっと売れると思うけど…」社長の一言がきっかけでLLSPECと出会い数字は好転!何をやればいいか分からないときは分かる人に聞く!これが正解。

シェアする

140210
「自店はもっと売れるんじゃないかな・・・」素朴な疑問をお持ちの方は少なくありません。でも、「何をしたらいいか分からない!」って人は物凄く多いのです。そして時間だけが過ぎていきます。もったいないもったいない。「そうだ!?分かる人に聞こう!」正解です!


アスケンでもこんな話しますよ!

まだまだ雪がところどころ残って滑りやすいですね。気をつけましょう。

数年前に3ヶ月ほどオペレーション構築のサポートをした焼肉店がの数字が前年比114%になったときのことです。

この会社で行ったのは顧客応対のスキルアップと回転を上げるためのいくつかの施策を行いました。

この焼肉店は物凄く美味しいです。しかし、何の変哲もない焼肉店です。マスコミに出たわけでなく、有名ってほど有名ではありません。それでも、ほぼほぼ売れていて地域では1番店ではないかと思います。

社長はもっと売れるんじゃないか・・・?と素朴な疑問を抱き何件かの飲食コンサルティング会社に調査を依頼しました。その調査書類も拝見しました。中には「食べ終わったときに新しいおしぼりを出してほしい!」と書かれていました。

聞くと「脂ギロギロの口を新しいおしぼりで拭くとさっぱりする!」なんてもっともらしい意見ですね。しかし、これをやったら数字が好転するかは別の話です。たぶん新しいおしぼりを配っても経費が高騰するだけです。

店舗診断して、たしかに売れる可能性はありました。

そんなお店で何を行ったかというと・・・

従業員の喋りや動きのリズムを速くしました。従業員のリズムでお客様の食べるスピードが変わります。知っていますか?

また、お客様の入れ替わり時間を超高速化しました。飲食店のオペレーション上、1番引っかかるのがお客様の入れ替え時です。会計で1人、バッシングで1人かなりの時間を取られます。知っていますか?

この改善を行って回転率が飛躍的に伸びました。普通こんなことは考えないかもしれません(笑)

そうこうしているうちに顧客応対のレベルが大幅に変わりました。注文を取るなど10秒か20秒の短い時間接客しているだけで再来店を促せるようになりました。「接客をよくする」となるとこれとは逆行しています。お客様1人(1組)あたりにかなりの時間を使わないと成し得ないからです。これも考える人はいないと思います(笑)

結果、人件費もほぼ変動せず売上だけが上がっていますから利益も飛躍的に伸びています。集客活動もほぼ0に等しい中での数字です。LLSPECを鵜呑みにしてやった結果が出ました。

店舗で働く方の動きが変わらなければ数字は変わりません。人間の成長が1番重要なのです。では、どんなことを行ったらよいのか?何を教えたらよいのか?行動(作業)に落とし込んで教育できると数字は変えられます。

そんな焼肉店の社長も今はアスケン会員として毎月アスケンに通って未来を見ています。こんなことに興味のある方はアスケン(明日の実務経営意匠研究会)に足を運んでみてくださいね。

出会えてよかったです。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築