もっと儲けるためには岐路が訪れる。そのとき「決める」ことが大事。

シェアする

140104
会社(店舗)の規模をどうするかは決めないと必ず衰退していきます。これを決められないとどんどんと後手になっていったり、グダグダになってしまうこともしばしば・・・必ず1人では生きていないので考えなければなりません。


アスケンでもこんな話しますよ!

遅めのお昼は「伝説のすた丼」さんに行きました。

コチラでは売り方が勉強になりました。美味しかったです。ごちそうさまでした。

話は変わります。

私は前職はチェーンの創業期に入社したので10~30店舗規模の経営が1番「気楽」だったのではないかと感じます。

社員としては会社に対してプライドを持てない。逆にある程度の規模の会社として扱われている等々、ものすごく中途半端な規模でした。

店舗数を増やしていくのか?の岐路に立っている状況の規模の企業はたくさんあります。

夫婦で1店舗で悠々商売している方法もあります。人を雇い入れてある程度の人数になった時には必ず考えなければならないことがあります。

従業員の成長と未来です。経営者にはそれを考える仕事が発生します。給料も上げ続ける必要も出てきたりします。

規模が小さい時のように人間関係だけというわけには行かなくなることもあるのです。効率などを選ぶことも必要になることも往々にしてあります。

どちらを選ぶかは自由なのです。

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築