業種や業態が違っても顧客応対の根本は同じ!多くの場合は自身はやってる、出来ているつもりになってしまっていることで数字に転換できない!!

シェアする

140701
飲食業や物販業で働く方は接客が必要です。その他、直接何かを販売する仕事をしていればお客様と接する必要があります。多くの人はみな相手(お客様)に良く見られたい、気持ちよく感じてもらいたいと思って働いています。


アスケンでもこんな話しますよ!

店舗での最終段階は人間対人間です。店舗で働く従業員(人間)を介して商品を販売し、それに対してお客様(人間)が感じて売上という数字で現れます。

『大勢のお客様に気持ちよく思わせる』できたら素晴らしいですね!少し勉強すると分かりますが、これは技術なのです。知って実施することが出来れば誰にでもできます。

しかし、多くの人が勘違いしているのは『大勢の』なのです。お店に余裕があり、従業員がお客様1人1人に時間が取れるときは誰にでも大サービスできます。しかし、一定時間内にお店の従業員のレベルのキャパシティを超えて入客があるとほとんどの場合は全く顧客に“いわゆる良い接客”ができなくなります。

接客をよくしようとすると必ずこの壁にぶつかります。そして「こんなに接客いいのになぜ数字悪いのだろう…」と呟きます。答えは簡単で大勢のお客様(人間)を相手にする技術をもっていないからなのです。これを『応対』と呼びます。

どんな業種だろうと業態だろうと瞬間的にこのような状況は起こるのです。これは人的販売力に直結し、顧客ストレスの要因にもなります。しかし。働いている従業員は必死ですから気がつかないことがほとんどです。そして、多くの場合はその日の客数が多かったことに一喜一憂してしまいます。

自店の人的販売力以上は売ることは不可能です。それを越えた入客数は後々必ず歪が来ます。

2つの大きく間違った言葉を書きます。

「お客様さえ来店すれば売れる」→お客様が来たら売れるのではなくそれ以上の販売力(技術)を持っているから売れます。

「こんなに忙しかったらお客様は許してくれるはず」→お客様は実は許してくれていません。来店頻度が長くなったり、何も言わずに来店しなくなります。

これらの言葉は心の奥底に持っている人が多いです。たくさん売るためには阻害要因ですので気をつけてくださいね!

売上上げるの大好き!宍戸でした。

まずはこのページを読んでみてください。http://assp1.little-lion.com/
アスケン講座1

LLSPECのことが書かれた情報商材もありますよ


現在発売中のリトルライオン発行の情報商材

売上を上げたい人にはコチラ!店舗のオペレーションと教えることが凝縮!!
飲食店売上構築ツール オペレーションガイドライン 19,800円 →14,800円(期間限定特別価格)

これから新規開業に臨む方は失敗開業しないために絶対に読むべし!
2013年飲食店開業マスターズバイブル 12,800円

↓ アスケンのフェイスブックページに「いいね!」で応援お願いします!!  ↓

アスケン=収入を増やすことに特化した会員制の研究会です。
毎月『無料見学会』開催中!お気軽にお越しください!!

すき家チェーンにに創業間もないころに新卒2期生として入社。㈱ゼンショー(2016年現在フードサービス業日本一の規模を誇る)
店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任し、現在のシステムの礎をつくり上げる。
1994年独立し(有)リトルライオンを設立。店舗ビジネスを中心に上場企業から個人店までサポートし、数字好転させる。
専門は店内オペレーション構築、店舗レイアウト構築